どうも~こんにちは、あっきーです。

アフィリエイトを実践していくためのブログを開設したらいくつかやらないといけない事あるんですけど、そのうちの1つが「必要なプラグインのインストール」です。

 

WordPressはそのままでもブログの投稿自体は行えるんですけど、標準的な機能のままだと色々使いにくい部分もあったりして・・・

 

そこで出てくるのが「プラグイン」の存在。

 

WordPressの機能を簡単に拡張することができて、全記事一覧のサイトマップとかお問い合わせフォームなど便利な機能を簡単につけることができます。

ただあんまりつけすぎるとブログ全体の動きがもっさりして重くなっていくので、今回はグーグルアドセンスを用いたトレンドアフィリエイト(アドセンスブログ)に最低限これは必要かな?といったプラグインを紹介していきたいと思います。

 

1つ1つ紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

ではいってみましょー。

 

プラグインをインストールする前の注意点として

さて、WordPressのプラグインですけど自分の思った通りのサイト作りに使えるので便利なことは間違いないんですけど、

だからといってたくさんのプラグインをどんどんインストールしていくと、冒頭で書いたようにブログの動作が重くなってきたり自分でも予期していなかったトラブルを引き起こす可能性が出てきます。

 

・ブログが真っ白になって管理画面にログイン出来ない状態になるとか

・ブログ全体のデザインが崩れてしまうとか

・動作が重すぎて収益の機会損失を逃すとか

 

WordPressのサービス自体がオープンで提供されているサービスなため、何かトラブルが起こったら全部自分で解決しないとなりません。

オープンソースとは、ソフトウェアのソースコード(プログラミング言語で記述された文字列)を無償で公開し、誰でも自由に改良・再配布ができるようにしたソフトウェアのこと。

WordPressはオープンソースのおかげで、商用・個人利用問わず無料で使え、テーマやプラグインも常に新しいものが開発されつづけている。

トラブルが起きたら検索を駆使して自力で解決するか、一応「サポートフォーラム」があるので他のユーザーに質問して解決策を探すといった方法しかないのが現状です。

 

WordPressに初めてプラグインをインストールするといった人は以下の点に注意しておきましょう。

 

プラグインは1個ずつインストールして有効化していく

まずプラグインは1つずつインストールして有効化(WordPressで使える状態にする)したらサイトの見た目や動作など確認。

この流れがあなたにとって当たり前と言えるようになるまで意識した方がいいです。

 

プラグインは個人や企業が自由に開発し、それらをユーザーが自由に使えるところがWordPressのメリットといえばメリットなんですけど、逆に言ってしまえばそれぞれのプラグインの互換性や相性などは考慮されていないんですね。

つまり、プラグインの相性によっては干渉しあってブログの表示が崩れたり動きがものすごく重くなったりなど悪影響を引き起こすこともあるんです。

 

そうなった場合まず早急にやらないといけないのは原因となっているプラグインを突き止めて停止&削除することなんですけど、この状況下で一気に複数のプラグインをインストールして有効化してしまっていたら原因となっているプラグインを特定するのに時間がかかってしまうんですね。

 

1個ずつインストールして有効化していけば、何か不具合が起こった時でも原因となったプラグインをすぐ停止すればいいのでトラブルを最小限に抑えることができます。

というわけで、プラグインは1つずつインストールして有効化していきましょう。

 

プラグインのバージョンと互換性をチェックする

プラグインを検索してみると下の図のように最終更新日と現在のWordPressのバージョンと互換性があるかどうか?ちゃんと明記されています。

最終更新日の日付が最近のものであれば頻繁にアップデートされているので使用するうえでも安心できますし、

今使っているWordPressのバージョンでちゃんと動作確認しているのか?そこも分かればインストールしやすいですよね。

 

これらの条件を満たしているプラグインを使うのが一番望ましいですけど、動作確認出来ていないプラグインはインストールしてはいけないということでもありません。

どういう事かといえばWordPressのバージョンアップは結構頻繁に行われていて、本来ならプラグインもそれに合わせてアップデートしていく必要があるといえるんですけど、基本ボランティアでの開発なのでWordPressのバージョンアップにプラグインのアップデートが追いつかないといった状況は珍しくありません。

 

そういった場合はレート(星の評価数)やプラグイン自体の評判などを調べていき最終的に自分で判断していく必要がでてきます。

今回紹介していくプラグインは有名かつ多くのアフィリエイターも使用しているプラグインばかりなので特に問題はないはずです。

ひとまず(2018/10/08)の時点で問題なく動作していますが、動作やセキュリティ面で問題が発生したと分かったら内容を修正していきますね。

 

では前置きも長くなりましたけどいよいよ

アフィリエイトの実践におすすめなWordPressプラグイン

を紹介していきたいと思います。

Contact Form 7

「Contact Form 7」はお問い合わせフォームを設置できるプラグイン。

お問い合わせフォームが必要かどうかは意見が分かれるところかもしれませんが、個人的な意見を言うならあった方がいいかなといったところです。

理由としては2つ。

 

・ユーザーから質問やコメント受け付けることでファンを作りやすくなる

・ASPや広告主から特別案件の連絡が入ってくることがある

 

こういったメリットがあります。

 

たまに誹謗中傷などのコメント送ってくる人もいますけど、そういうのは無視して大丈夫です(苦笑

Contact Form 7を導入することで簡単にお問い合わせフォームを設置できるので是非活用してみてください。

設置方法と使い方は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

 

⇒⇒⇒WordPressにお問い合わせフォームを作成!Contact Form 7プラグインだと簡単!

 

All In One SEO Pack

WordPressを運営していく上でSEO対策は必須となってくるんですけど、自分で全部設定していくとなると大変です。

しかし「All In One SEO Pack」を使えばSEO対策の設定を一通り行うことができます。

 

ちなみにSEO対策(Search Engine Optimization)は「検索エンジン最適化」の略で、かなり簡単に書いてしまえば自分の書いた記事を検索結果上位に表示しやすくするための対策のこと。

検索結果上位に表示されやすくなれば書いた記事が多くの人の目に入るようになり、それだけ収益アップに繋がる。

そのためSEO対策も行っていく必要があるんですね。

「All In One SEO Pack」の設定方法は以下の記事でより詳しく解説していますので、チェックしておきましょう。

 

⇒⇒⇒All in One SEO Packプラグインの設定方法!初心者必見のSEO対策

 

TinyMCE Advanced

WordPressの投稿画面はデフォルトの状態だと文字サイズの指定や色変えが出来なかったりと、機能的にかなり制限されています。

しかし「TinyMCE Advanced」をインストールすればビジュアルエディタを拡張でき、自分の思ったようにカスタマイズできるので記事編集の作業効率アップにかなり役立ちます。

「TinyMCE Advanced」の初期設定方法や使い方については以下の記事でまとめているので、こちらもチェックしてみてくださいね。

 

⇒⇒⇒TinyMCE Advancedの初期設定方法とおすすめな使い方について

 

PS Auto Sitemap

「PS Auto Sitemap」はブログ全体の目次のようなページを作る時に役立つプラグインです。

 

自分で作ろうと思うと記事を追加したり削除したりする度に修正かけていかないといけないので結構面倒な作業になりますが、「PS Auto Sitemap」をインストールしておけば記事の増減にリアルタイムで対応してサイトマップを作成していくのでとても便利。

「PS Auto Sitemap」の設定方法については以下の記事で解説していますので、参考にどうぞ~。

 

⇒⇒⇒WordPressのPS Auto Sitemapで全記事一覧を固定ページに作る方法手順

 

Google XML Sitemaps

こちらは主に「検索エンジン向け」のサイトマップを作成するためのプラグインです。

 

ブログがちゃんと認識されるためには「クローラー」と呼ばれる検索ロボットにブログに来てもらって情報を取得してもらう必要があるんですけど、その際に検索エンジン向けのサイトマップをちゃんと作っておけば検索ロボットがブログ内を巡回しやすくなります。

しっかり巡回して情報を持ち帰ってもらうことでブログの評価が高まりやすくなるんですね。

 

「Google XML Sitemaps」を使えば記事コンテンツを追加していく度にサイトマップを自動生成していくので、一度設定すればあとは記事を更新していくだけなのでとても楽ちんです。

「Google XML Sitemaps」の設定方法は以下の記事でより詳しく解説しているので是非チェックしていってください。

 

⇒⇒⇒「賢威7」WordPressでサイトマップ作成からSearch Console登録までの方法

 

Broken Link Checker

「Broken Link Checker」は自分のブログから外部のサイトにリンクを貼った中に、リンク切れがあるかどうかチェックして通知してくれるプラグインです。

外部のサイトが閉鎖してしまったりリンクの記載ミスがある中で、ユーザーがそのリンクをクリックしてしまうと

 

「あれ、リンク切れてるじゃん・・ちゃんと管理出来てないのかな?」

 

とユーザーに小さな不満を抱かせる事になります。

 

1つ2つならまだしもいくつもリンク切れが発生するとブログ全体の信用にも関わってきますから導入しておいた方がいいかなーと思いますね。

「Broken Link Checker」の設定方法と使い方は以下の記事で解説しています。

ついでにチェックしてみてください。

 

⇒⇒⇒Broken Link Checkerプラグインの設定使い方!リンク切れチェックの重要性

 

Simple GA Ranking

WordPressのランキング表示系のプラグインとなると「WordPress Popular Posts」が一般的ですけど、このプラグインやたら動作が重くなることがあるので個人的には「Simple GA Ranking」を導入&設置する事をおすすめします。

 

導入作業は若干面倒ですけど動作自体は軽いのでブログ運営していくうちに後々楽になるんじゃないかと。

「Simple GA Ranking」の導入&設定方法は以下の記事で解説しているので是非チェックしてみてください。

 

⇒⇒⇒Simple GA Rankingプラグインの設定方法!サムネイル表示のやり方

 

AdSense Integration WP QUADS

「AdSense Integration WP QUADS」は記事中にアドセンス広告を挿入する際に使えるプラグインです。

 

以前は「AdSense Manager」を使うのが一般的だったんですけど、6年以上更新されておらずセキュリティ面を考えてもちょっと危ないかなと感じるので

代わりとなる「AdSense Integration WP QUADS」をおすすめしておきます。

「AdSense Integration WP QUADS」の設定方法とアドセンス広告の貼り方については以下の記事を参考にしてみてください。

 

⇒⇒⇒ワードプレスの記事中に!アドセンス広告の貼り方や効果的な配置について

 

Akismet

「Akismet」はWordPressを運営していく中でインストールがほぼ必須となってくるプラグインの1つですね。

ブログをスパムコメントから守ってくれるセキュリティプラグインの一種で、アカウント登録するだけで利用開始できます。

 

スパムコメントは毎日のように送られてくるとそっちの対応だけでかなり時間を取られてしまうので、貴重な作業時間を奪われないためにもAkismetのインストールと設定は先に済ませておきたいところですね。

Akismetの設定方法と使い方については以下の記事で詳しく書いていますので、参考までにどうぞ~。

 

⇒⇒⇒Akismetプラグインの設定方法と使い方!コメントスパム対策に最適

 

Table of Contents Plus

「Table of Contents Plus」は記事の冒頭にこんな具合に目次を作成してくれるプラグインです。

 

目次については賛否両論あるかもしれないですけど、個人的には目次があった方が記事のボリュームがどれくらいか読者にも分かりやすいですし、見出しの内容から読みたい部分がどこにあるのかチェックしやすいので読者のためにもやっぱりあった方がいいかなーと。

読者目線のブログ運営を目指すなら導入する価値はあると思います。

 

WP-CopyProtect

アドセンスを用いたトレンドアフィリエイトや特化型サイトでは是非入れておきたいのが「WP-CopyProtect」

これは結論から言うと「右クリックとテキスト選択」を禁止するプラグインです。

 

トレンドアフィリエイトや特化型サイトを運営していると

 

・記事の内容をコピペされてしまう危険性

・アドセンスコードをコピーされてしまう危険性

 

これらのリスクと隣り合わせな状態になっていきます。

 

コピペした記事をそのまま盗用されて使われるだけでなく、下手するとオリジナルを書いたこちらの方がコピーしたと思われてしまう危険性もΣ

あとアドセンスコードをコピーされてどこかの掲示板に勝手に貼られてアドセンス停止に追い込まれるなんてことも考えられますね。

 

アドセンスコードを勝手にコピーされたとしてもアドセンスの管理画面で自分のサイトを設定しておけばとりあえず問題ないとはいえ、無用なトラブルは避けたいですからやっぱりコピー対策はしておいた方がいいです。

「WP-CopyProtect」の設定方法については以下の記事を参考にしてみてください。

 

⇒⇒⇒WP-CopyProtectの設定方法!WordPressのおすすめコピー防止プラグイン

 

Lazy Load

「Lazy Load」は画像の読み込みを見えている範囲だけにして結果的にブログの読み込み速度を速くしてくれるプラグイン。

普通画像を表示する場合、記事内全部の画像を読み込んでから表示するので画像が多かったりするとそれだけ表示速度が遅くなってしまいます。

 

しかし「Lazy Load」は画面に表示されている範囲の画像だけ読み込んで表示していき、体感的に表示速度がかなり速くなります。

表示速度が遅くなるとせっかくブログに来てくれた読者を逃してしまう事にもなるので、ブログ表示の高速化を考えるなら是非導入しておきたいプラグインですね。

 

EWWW Image Optimizer

「EWWW Image Optimizer」はアップデートした写真や画像などを圧縮して軽くしてくれるプラグイン。

 

記事内のコンテンツは主に文章がメインですけど文章ばかりだと読者が疲れてしまいブログから離脱する確率も高まります。

そのため写真や画像を一定数使っていきたいところですが、容量を軽くしないでそのまま使うとブログの速度を落としてしまう事になります。

そういった写真や画像のデメリットを「EWWW Image Optimizer」は軽くしてくれるというわけですね。

 

インストールしておけばアップデートしていく画像データは圧縮されていきますし、今までアップロードした画像も一括で圧縮して軽くすることができますよ。

 

Autoptimize

「Autoptimize」はWordPressの動作の高速化をサポートしてくれるプラグインの1つ。

 

WordPressで使用されているプログラミング言語は「JavaScript、HTML、CSS」などに分かれており、

それらのコードを読み込んでいくことでブログとして機能しているわけですが、「Autoptimize」はそれらのコードを圧縮することで読み込み速度を高速化してくれます。

 

つまりブログ全体の動作を軽くして表示速度が速くなるというわけですね。

 

今回のまとめです

はい、今回はそんなわけでアドセンス広告を用いたトレンドアフィリエイトや特化型ブログを運営していく中で、おすすめとなるプラグインを紹介していきました。

今回紹介していったプラグインはあくまでも必要最低限のもので他にも導入すれば良いと思うプラグインはたくさんあります。

 

ただ記事冒頭でもちょろっと書きましたがあんまり入れすぎるとブログ全体が重くなるので、本当に必要なプラグインなのかどうか?

ブログ運営に慣れてきたら使用するプラグインを吟味していくのもいいかもしれませんね。

 

というわけで今回の内容は以上です。

また次回お会いしましょう~。

 

【プレゼント特典あり】アフィリエイトで稼ぐためのメルマガ講座

・トレンドアフィリエイトでいまいち稼げていない

・ノウハウコレクターになっているかも

・アフィリエイトって本当に稼げるの?

こういった疑問を抱いている方は
正しい手法と流れに沿ったやり方をしていないのかもしれません。

あっきーのメルマガではアフィリエイトで収入を得ていくための仕組みについてや思考、考え方についてなど配信していきます。

期間限定の無料特典もついていますので良かったらメルマガに登録してみてください。

 ↓  ↓  ↓