どうも~こんにちは、あっきーです。

このブログではネットビジネス、ブログアフィリエイトで稼ぐためのやり方やノウハウに関する情報を載せています。

 

それに加えて、会社でソシャゲのデザイナーとして働いていた頃うつ病になってしまい・・

退職した後うつ病とどう向き合い、どう改善していったのか?

うつ病に対する考察記事も書いてます。

 

それで、うつ病の考察・回想録のシリーズ記事。前回の記事では

 

⇒⇒⇒嫌なことばかり思い出すのはやめよう!うつ病の時に僕がやった対処法

 

ということをお伝えしていきました。

 

うつ病の原因にもなった嫌なことばかり思い返すのって本当、やめた方がいいんですよ;;

過去の嫌な記憶に囚われたままでいると、そのうち

「生きてる自分には価値がない・・」

「自分は誰にも必要とされていない・・」

といった具合に、自分の価値を見いだせない状況になってしまいます。

 

僕も会社退職して直後の頃はこの

「生きてる価値なんてない・・・」

といったネガティブ極まりない感覚に囚われ続けてました(==;

 

でも、精神面のどん底状態から脱してうつ病を改善した今の僕ならはっきり言えます。

 

「どんな人でも生きてる価値はあります!!」

 

あなたが今うつ病なのか、はたまた精神面がネガティブでうつ状態になっているのか?

そこは分かりませんが、今回は

「生きてる自分に価値がない・・・」

そう思い込んでしまっている人に向けて僕自身の考えを伝えていきたいと思います。

 

というわけで早速いってみましょー。

 

「生きてる自分に価値なんてない・・」うつ病の時はそう思い込んでしまうことが多い

まずうつ病やうつ状態の時って

「生きてる自分に価値なんてない・・」

こういう自分自身の価値をないがしろにしてしまう、思い込んでしまうことが多くなるんですよね・・・

こちらの記事でも書いているんですが・・・

 

⇒⇒⇒うつ病で「何もできない」と苦しむあなたへ…何もしないで休んでと伝えたい

 

うつ病やうつ状態の時は

「やる気を行動エネルギーへと変換する心の機能」

これの調子が悪かったり、最悪壊れて故障中だったりするので、頭では行動したいと思っても体がついていかない状態なんですね。

ただ体が動かない代わりに頭で考えることは出来るわけで・・・

で、その状態が続いていくとだいたい考えてしまうのが

「頭では分かっているのに何もできない・・」

「こんな何もできない自分に価値なんかない・・」

「どうしてこんなことに・・・どうして動けない・・どうして、どうして・・・」

「うつ病で何もできない」の記事でも書いたことなんですけど、毎日のようにこんな悲観的なことばかり考えていました。

 

うつ病の時は気持ちがネガティブかつどん底な状態で、体の方も思うように動きません。

当然そんな状態では仕事をしたりといった、生産的なこともできなくなります。

 

自分自身何も出来ず、何も生み出せず・・・

ただ時間だけが虚しく過ぎて

「ああ、今日も何も出来ないまま過ごしてしまった・・」

そんな非生産的な毎日を、空虚のまま過ごす日々を僕自身も送っていたわけです。

 

うつ病から改善した今の僕が言うなら・・

うつ病という病気になってしまったんですから、何も気にせず休んでおけばいいんですけどねぇ(==;

そういう思考になりづらいってところが、うつ病の精神状態の面倒くさいところでもあります。

 

うつ病になってしまう人はだいたい

・完璧主義者

・根が真面目、クソ真面目

・社会のために何らかの価値を提供する事に喜びを感じる

こんな具合に「誰かの役に立ちたい」という思いや考えを持った人がなる傾向が強いです。

 

だからこそ、何も出来ない自分には価値がない、無価値だと思ってしまう。

そこから生きていてもしょうがない・・という思考のループにはまって、そこから動けなくなってしまうわけですよ。

 

僕自身も精神面がネガティブでどん底状態だった時は

「生きてる自分に価値なんてない・・」

そう思い込んでいたので、うつ病やうつ状態の人がこういうネガティブな考えを浮かべてしまうのは・・・

 

本当、よ~~~~~く分かります。

分かりすぎてやばいくらいに分かります。

 

そして更に、うつ病から改善した今だからこそ断言しますよ?

 

誰にだって生きてる価値はあるし、価値がない人なんていないんです。

 

他人が口にする「お前に価値はない」「役立たずだ」はその人の基準でしかない

まずここははっきりさせておく必要があると思うんですが・・

他人が口にするような

「お前に価値はない」「役立たずだ」

これらの言葉はあくまでもその言った人の基準でしかないってことです。

 

まあ、普通はまずこんな心無い言葉言われないですけどね^^;

 

僕の場合は「プロフィール」でも書いているんですけど・・・

会社でソシャゲのデザイナーとして働いていた頃、先輩デザイナーに呼び出されて

「どうして君はあんなにデザインの仕事が出来ないの?

なんで俺の言った通りの仕事してくれないの?

ちゃんと勉強してる?今の現状分かってる?このままじゃクビになるよ?」

こういった事を言われてしまった経験があります。

 

まあ直接的ではないにせよ、遠回しに

「仕事で使えない奴」「役立たずな奴」

といった言われ方をされてしまったんですね。

 

当時の僕は僕自身、周りの人たちと比べて仕事が遅れていることは理解していました。

それが「自閉性スペクトラム症(ASD)」という発達障害も関係していたっぽいんですが・・

 

まあ発達障害持ちだと分かったのは、2018年の末あたりの事。

本当つい最近の話でして・・当時の僕はそんなこと知らなかったので、仕事の出来ない自分に劣等感を感じまくってました。

 

そこに先輩デザイナーからの「役立たず」の言い回しでしたからねぇ・・・

「仕事が満足に出来ない自分には価値なんかない・・」

そう思い込まされるのには、十分すぎるほどのダメージを心に負ってしまいました。

 

ただ・・今こうして冷静に、客観的に当時のことを思い返していくとですよ?

仕事が満足にできなかった、思うような結果を出せなかった。

 

それだけで「その人に価値がない」なんて言い切ってしまうのは・・・

なんかあまりにも、短絡的すぎじゃありません?

人はその人自身が持っている考えや思想や思考によって行動し、自分にとって何が正しくて何が間違っているのか判断していきます。

つまり、考え方や思考だって生きている人の数だけあって千差万別あるわけですよ。

 

・Aさんにとっては早起きするのが当然で正しい。

⇒だから早起き出来ないひとには価値がないと考えるかもしれない。

 

・Bさんにとっては会社のために人生を捧げるのが正しい。

⇒だから会社勤めしてない人には価値なんかないと思うかもしれない。

 

・Cさんにとっては仕事を効率的に早く片付けることが正しい。

⇒だからダラダラ残業して残って仕事してる人に価値はないと思うかもしれない。

 

こ~んな具合に、人はそれぞれ自分の考え方や判断基準を持っていて、

「あの人は価値がある人だ、でもあの人は価値がないダメなやつだな」

といった具合に勝手に判断していくわけですよ。

 

でも、それも結局のところ、その人自身が勝手に下した判断。

つまるところただの思いこみであって、万能でもなければ真実でもないわけです。

だって、生きてる数だけ考え方や思想が千差万別あるんですからね。

 

それって・・他人からしてみれば、まったくもってありがた迷惑な話だと思いませんか?

 

だがしかし。。

人って他人から「価値がない」「役立たず」といった言い方を繰り返されると本当に

「自分に価値がない・・」

と、そう思い込んでいってしまうんですよ。

 

「自分に価値がない?」それはただの思いこみでしかない

ちなみに、こちらの記事で書いているんですが・・・

 

⇒⇒⇒自分で自分を褒めることはうつ病回復に特に効果があるって話

 

アメリカ合衆国の教育心理学者ロバート・ローゼンタール氏によれば

「人は期待されれ続ければいい結果を残すし、期待されず卑下され続ければ悪い結果を残す傾向がある」

こういったことを提唱しました。

 

ローゼンタール氏は以下のような実験を行っています。

「成績の優秀な生徒達を集めたクラス」と「成績の悪い生徒達を集めたクラス」を作り、

各担任に優秀な生徒には「お前たちは成績が悪い」と。

成績が悪い生徒たちに「お前たちはとても優秀だ」と。

逆のことを言ってクラスを担当させました。

 

その結果、どうなったと思いますか?

「もともと成績の良かった生徒達のクラス」の成績はガクンと下がり、

「もともと成績の悪かった生徒たちのクラス」の成績はグングン上昇したというのです。

出典:https://clear33.com/post-309

要するにポジティブな言葉で自信をつけていけば、いい結果を残すし。

ネガティブな言葉で劣等感を植え付けていけば、悪い結果になってしまうというわけです。

 

他者からの期待によっていい結果を残す現象を「ピグマリオン効果」

そして他者から期待されず、劣等感を植え付けられいい結果を残せない現象を「ゴーレム効果」と呼びます。

 

つまり・・「生きてる自分に価値がない」

こういう思考になってしまっている人は、他人もしくは自分自身を責め続けることによって、ネガティブかつどん底な思考に囚われてしまった。

 

その結果

「生きてる自分に価値がない・・」そう「思い込んでしまうことになってしまった」と。

こういうわけです。

 

僕のケースでいったら・・・

その先輩デザイナーは確かに仕事は出来たし、言っていることは正しかったです。

会社にとっても、その先輩デザイナーの意見が全てにおいて正しかったですし・・・

 

だからこそ、先輩デザイナーから「役立たず」といったレッテルを貼られたことで一気に

「自分は仕事ができないダメな奴」

と思い込まされて、その後も先輩デザイナーからのダメ出しと自分自身を責め続けた結果・・・

うつ病になってしまったんですねぇ。

 

しかし、うつ病から改善して個人でネットビジネスに取り組むようになってからは、サラリーマン以上に稼げるようになってます。

たまに母や姉の家にお土産を買って訪れたり、姉の子供の面倒を見てあげたりして感謝されたり。

このブログで情報発信するようになってからは、ネットビジネスに関するお問い合わせをもらったりして、感謝されることも多くなってきました。

 

まあだから、あなた自身が置かれているフィールドを変えてみる。

それだけで、あなた自身にはこんな素晴らしい価値があったんだ!と気づける可能性は十分あるわけですよ。

 

うつ病、もしくはうつ状態状態で

「生きてる自分に価値がない・・」

その思考に囚われいるとしたら、まずは体と心の療養が必要になってくると思います。

ゆっくり時間をかけて、その思い込みの枷をはずしていきましょう。

 

そしてちょっと精神面と心の状態が回復してきて、自分の状態を客観的に見直せるようになってきたら

「・・・僕(私)ってそんな価値がない存在なのかな・・?」

と是非疑ってみてください。

 

絶対あなたの中の、自分自身の価値に気づけるはずですから!

 

そしてその自分自身の価値に気づくため、大切になってくるのが

「自己肯定感」と「自己重要感」です

 

「自分には価値がある」と思うために重要なのが「自己肯定感」「自己重要感」

これ結論から書いておきますけど「自己肯定感」「自己重要感」を高めるってところが重要になってきます。

 

簡単に書いておきますと・・・

「自己肯定感」は今の自分、あるがままの自分を認めてあげること。

「自己重要感」は、自分自身の存在は誰かにとって、自分にとって最も重要かつ大切なもの、そう感じる感覚のことを指します。

 

さて、さっきも書きましたように、うつ病の時って精神面がとにかくどん底状態。

「やる気を行動エネルギーへと変換する心の機能」

これも故障しているので、満足に動くことも難しいです。

 

僕自身、うつ病だから体が満足に動けない・・

それを頭で分かっていても、心の奥底ではそんな自分に嫌気が刺していました。

「こんな弱すぎる自分に生きてる価値なんてない・・・」

そんな事を考えて、訳もなく涙を流していましたね。。

 

そうした精神面がネガティブでどん底な状態も、数ヶ月の療養期間を経てちょっとずつ良くなっていきました。

その頃にふとネットサーフィンをしていた頃に見つけたんですよ。

「自己肯定感」と「自己重要感」

これらの単語をね。

 

この2つの単語を見つけて、調べていった時に

どうして自分がネガティブな考え方に囚われて動けなかったのか?

・・それが分かったような気がしました。

 

とどのつまりさっきも書きましたよね。

他者から期待されず、劣等感を植え付けられて

「自分には価値がない・・・」

そう思い込まされていったと。

 

仕事で失敗を続けて、他人と比べて自分は仕事ができないと劣等感を覚えて、挙げ句の果てに

「お前は役立たずだ」

こういった事を遠回しに言われてしまった・・・

 

その自分にとって、自信を喪失していく失敗や出来事。

それを繰り返していく度に「自己肯定感」と「自己重要感」がゴリゴリ削られていったんだと思います。

「自分は会社の役に立たない役立たずだ」

そう思い込まされるのと同時にね。

 

自分の中の自信、自己重要感、自己重要感・・・

そういった自分を認めてあげる感覚や、誰かに必要とされたり、他の人に価値を与えてるんだという感覚。

これらがゴリゴリと削られ続けていけば、心がすり減っていくのなんて当然なんですよ。

 

それでもなお頑張ろうとして、無理を続けようとすれば・・・

精神面がネガティブに囚われてうつ病やうつ状態に陥っていくのなんて・・目に見えてますよね。

 

だからこそ僕だってそうですけど、あなたの中の「自己肯定感」「自己重要感」

それらを守っていくこと、もしくは回復させて高めていくこと。

ここを意識していくことが重要になってくると考えています。

 

僕自身、うつ病になった経験からいってもこれは間違いないと断言しておきますよ。

 

そもそも「自己肯定感」「自己重要感」を失っていない人は

「生きてる自分に価値がない・・・」

こんな超絶ネガティブな考えを、浮かべたりすらしないでしょうからね。

 

世間一般でいうところの「成功者」の人たちだって

「自分には価値がない・・」

なんて思いつつ、仕事をして結果を残してきたんでしょうか?

 

そんなわけがない。

 

「自分は誰からも必要とされている、絶対に重要な存在なんだ」

その意志の部分がものすごく太く、しっかり根付いているんでしょうね。

この世に生まれた頃からそうなのか・・はたまた多くの成功体験を繰り返してそういう強固なメンタルとなったのか。

ほんのちょっと自信や自己肯定感、自己重要感が削られたってなんのその。

 

そんなこと気にせず、新しいことに挑戦していって・・

そこでも何か失敗はするかもしれません。

けれど、結果的に成功して、その成功体験が自己肯定感や自己重要感をより強固なものへとしていくと。。

 

まあ、要するに何が言いたいのかっていいますと

 

「生きてる自分に価値がない・・・」

「何もできない自分なんか生きていてもしょうがない・・」

 

そう考えてしまっている人は、他者からの心無い言葉や自分自身を責める言葉。

それらの言葉の思い込みによって、自己肯定感や自己重要感が減っていたり、限りなく0に近い状態になっているんじゃないでしょうか?

 

うつ病に療養期間中。

この自己肯定感と自己重要感の言葉を見つけてから、それらを回復していくことに、とにかく専念していきました。

 

そして時間はそれなりにかかりましたが・・

半年間経過したあたりで、ネガティブどん底状態から脱して、なんとか日常生活を問題なく送れるくらい精神面は回復していきました。

 

だからこそ・・・自己肯定感や自己重要感を高めていくことは僕自身。

本当、大切なことだと改めて思う今日このごろです。

 

今回のまとめ・生きてる自分に価値がない?そんなの思い込みです、スルーでOKです

はい、というわけで今回は生きてる自分に価値がない・・

うつ病の時にそう思い込んでしまう人へ向けて、伝えたいことを書いていきました。

 

人の心って本当・・弱くて脆いものですよねぇ。。

特に僕なんかメンタルが絹ごし豆腐並にもろいというか、繊細なので(=▽=;;

 

他者の言葉や他人の生き方にいちいち反応して、そこと比べて自分に対して劣等感を抱いてしまうことがしばしばありました。

こういう性格なところも災いしてかうつ病になってしまったのかもしれませんけどね~(あははのは;;

 

まあだから、今こうしてネットビジネスを個人で実践してストレスフリーで生きている毎日。。

本当、ありがたいことだと感じています。

 

仮に今あなたが

「生きてる自分に価値がない」

そう思っているとしたら、それは正しくないです。スルー一択でOK!!

 

あなたにはあなたにしかない価値が絶対にあります。

あなた自身が「自分に価値がない・・」そう思い込んでいたとしても・・

他の誰かからしてみれば、十二分に価値のある存在なんですよ。

 

うつ病やうつ状態の時はどうしても考え方がネガティブになってしまいますからね。。

そういう時はとりあえず、しっかり休んで静養するか、自分の好きなことに時間を割いてエネルギーチャージすることをおすすめしますよ。

 

そして精神的にちょっとポジティブになってきたら

「僕(私)に価値がないなんて・・そんなわけないんじゃない?」

そう前向きに考えていきましょう。

 

今回の内容で何か聞きたいことがありましたら、コチラまでお気軽にご連絡くださいね^^

 

次回あたりは今回紹介した「自己肯定感」や「自己重要感」

これらを高める方法について、僕自身がやった方法について書いていきましょうかね。

ではでは~~~。

【プレゼント特典あり】アフィリエイトで稼ぐためのメルマガ講座

・トレンドアフィリエイトでいまいち稼げていない

・ノウハウコレクターになっているかも

・アフィリエイトって本当に稼げるの?

こういった疑問を抱いている方は
正しい手法と流れに沿ったやり方をしていないのかもしれません。

あっきーのメルマガではアフィリエイトで収入を得ていくための仕組みについてや思考、考え方についてなど配信していきます。

期間限定の無料特典もついていますので良かったらメルマガに登録してみてください。

 ↓  ↓  ↓