どうも~こんにちは、あっきーです。

 

WordPressでアドセンス
トレンドアフィリエイトを実践していくとなると

たくさんのアクセスを
集めていく必要があるわけですが

その場合SEO対策は必須項目となってきます。

 

しかし、SEO対策といっても
ネットビジネス初心者の人にとっては
どうすればいいのか分からない点が多すぎますよね。

 

そういった人のためにかなり
重要度が高くなってくるプラグインが

 

「All in One SEO Pack 」

 

です。

 

インストールして各種項目に
チェックを入れていくだけで

WordPressブログのSEO対策をしてくれるので
かなり優れたプラグインといえるんですけど

 

高機能なのでいかんせん設定項目が多く
どこにチェックを入れたらいいのか???

そのあたり混乱してしまう実践者も多いといえます。

 

変なところにチェックを入れたら
予期しない動作をする可能性もあるので
設定は慎重に行いたいところ。

 

そこで今回は

All in One SEO Packプラグインの設定方法について

初心者の人にも分かりやすく
解説していきたいと思います。

 

適宜情報を確認して最新版の情報にしているつもりですが

何かトラブルが生じた場合は
責任負いかねますのでそこはご容赦願います。

 

All in One SEO Packプラグインの設定方法!初心者必見のSEO対策

All in One SEO Packをインストールしていきます

ダッシュボードの

「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックし

右側の検索窓に「All in One SEO Pack」と入力。

するとAll in One SEO Packが表示されるはずなので

「今すぐインストール」をクリックし

「有効化」をクリックしましょう。

 

ひとまずそれでインストール自体は完了です。

 

All in One SEO Packの各種設定について

一般設定

ここは基本的にデフォルトのままで問題ありません。

 

「Canonical URL」とはURLの正規化のことを指し

同じブログでもURLが
wwwあり、なしの2種類あったりすると

検索エンジンから見ればインターネット上に
同じブログが存在すると判断されてしまい
場合によってはペナルティを受けてしまう可能性も。

 

なので、うちのブログは
コンテンツの重複とかしていませんよ~。

と検索エンジンに伝えるために
「Canonical URL」の部分には
チェックが入っている必要があります。

 

チェックした場合一般設定の
サイトアドレスが正規ドメインとして認識されます。

 

 

サイトアドレスを「https」に切り替える
「常時SSL化」の作業を終えていないと
若干ややこしいことになりかねないので

常時SSL化の作業は早めに済ませる事をおすすめしておきます。

 

まだ済ませていない方は
こちらの記事で手順を紹介していますので
参考にしてみてください。

⇒⇒⇒WordPressを最初から常時SSL化(https化)する手順(エックスサーバー編)

 

 

ちなみに

「ページネイションをCanonical URLsにしない」

の項目ですが

 

1つの投稿記事があまりにも
長くなってしまった場合

ページを分割した方が
ユーザービリティが高まる事があります。

 

ここにチェックを入れると
分割された2ページ目より
後のページを1ページ目に正規化するので

ひとまずGoogleからペナルティを
受けるといったことにはならないはずです。

 

ただ、それなら長くなってしまった記事を
それぞれの記事として投稿した方が
記事数増えるのでいいかなーと感じますけどね。

 

まあ基本的にはチェック入れないで大丈夫です。

 

ホームページ設定

検索エンジンに表示される

「サイトタイトル」と「ディスクリプション」を
設定していく項目になります。

 

サイトタイトルはそのままブログのタイトル。

 

ディスクリプションとは開設したブログが
どういったサイトなのか?

パッと見て分かる説明文みたいなものです。

 

キーワードを意識していくという
考え方もありといえばありですが

一番大事なのは見る人がひと目見て
こういったブログなんだ~。
と分かることだと思うので

まあそんなに気負わず
分かりやすい説明を考えて入力していきましょう。

 

タイトル設定

次にタイトル設定ですけど

ここは検索結果で記事ごとに
タイトルを調整するという項目なんですけど

現在は検索エンジンの進化によって
Google側で調整するようになったので

「利用停止」にチェックを入れておきましょう。

 

カスタム投稿設定タイプ

基本ほぼ使うことはない機能といえますが
以下のように設定しておきましょう。

 

表示設定

ここは直接SEOに関係しない項目なんですけど
コンテンツ管理がちょっと楽になる項目です。

デフォルトで「投稿」「固定ページ」に
チェックが入っているはずなので

そのままの状態にしておきましょう。

 

ウェブマスター認証

ウェブマスターツールは現在

「Search Console」というサービス名に変わっており

そちらの機能を使う場合は
Search Consoleのページで行えばいいので

ここで設定することは特にないですね。

 

Search Consoleの登録については
こちらのページでも解説しているので

もしもまだ登録作業行っていない場合は
こっちの記事も参考にしてみてください。

⇒⇒⇒「賢威7」WordPressでサイトマップ作成からSearch Console登録までの方法

 

Google設定

Google+とグーグルアナリティクスの
連携設定を行うかどうかという項目ですが

基本ここもデフォルトのまま
何も設定しなくて問題ないでしょう。

 

Googleアナリティクスに関しても
まだ設定が完了していない場合は

以下の記事で設定手順を解説していますので
まだ設定が済んでいない場合は
参考にしてみてくださいね。

⇒⇒⇒賢威7でGoogleアナリティクス設定方法!WordPressへの設置は簡単!

 

NOindex設定

検索エンジンに投稿した記事が
登録される事を「インデックスする」
と言いまして

インデックスされることによって
検索結果に表示されて

はじめて訪問者がページに
アクセスできる状況となります。

 

つまりNOindexとは検索エンジンに
ページをインデックスさせないという意味なんですね。

 

最初の段階だと意味がわからないと思いますけど
ひとまず自分の場合は以下のように設定しています。

「タグをnoindexにする」に以前は
チェックを入れていたんですけど

 

新しいSearch Consoleのインデックスカバレッジで

 

「送信された URL に noindex タグが追加されています」

 

といったエラーが出るようになったので

現在ははずしています。

 

詳細設定

ここも特にいじらなくて大丈夫です。

 

キーワード設定

キーワード設定もデフォルトで
「無効」になっていると思うので

ここもいじらなくて大丈夫ですね。

全ての設定に対してチェックなど入れたら

「設定を更新」ボタンをクリックして
設定を有効にしてください。

 

今回のまとめです

はい、というわけで今回は

All in One SEO Packプラグインの
設定方法について見ていきました。

 

検索エンジンの進化は
ここ数年でだいぶ進んだように感じます。
それに伴ってSEOの方も進化していくわけですけどね。

 

「All in One SEO Pack」の設定は
現状はこの設定で問題ないと思いますけど

検索エンジンが更に進化していけば
また設定を見直す必要など出てくるでしょうし

有料テンプレートによっては
高いSEO効果を発揮するので
将来的には必要なくなってくるかもしれませんね。

 

とはいえ、まだまだ
「All in One SEO Pack」のプラグインは
必要といえるので

しっかり導入しておきましょう。

 

ではでは、今回の作業は以上となります。
お疲れ様でした~。

 

【プレゼント特典あり】アフィリエイトで稼ぐためのメルマガ講座

・トレンドアフィリエイトでいまいち稼げていない

・ノウハウコレクターになっているかも

・アフィリエイトって本当に稼げるの?

こういった疑問を抱いている方は
正しい手法と流れに沿ったやり方をしていないのかもしれません。

あっきーのメルマガではアフィリエイトで収入を得ていくための仕組みについてや思考、考え方についてなど配信していきます。

期間限定の無料特典もついていますので良かったらメルマガに登録してみてください。

 ↓  ↓  ↓