どうも~こんにちは、初めまして!

インターネット上に資産となるブログをいくつか作り、精神的、時間的拘束から自由になったあっきーと申します。

 

このページでは僕がブラック企業でうつ病を患って退職し、反骨精神で取り組んだネットビジネスでは5個のブログが収益0円・・・負け続けた果てにどうやって1つの成功の道へ辿り着いたのかという話をしていきます。

 

僕の歩んできた経歴とともに僕自信の知識や考え方をお話していくので、このページを読み進めていけば僕のように約5年という時間をかけずとも、成功への道に最短でたどり着けるようになりますよ。

誰だって成功するなら遅いより速い方がいいですよね?

 

だから、あなたがより速くネットビジネスで成功して個人の力でお金を稼げるようになるためにも、このページに書かれている僕が5年という月日で得てきた知識や経験を参考にしてもらえたらと思います。

あと、僕という人物に少しでも興味を持ってくれたなら、最後まで読んでもらえると幸いです。

では早速いってみましょー。

 

会社という組織では役立たずだったデザイナー時代

今でこそアフィリエイトでサラリーマン以上に稼げるようになって、やりたいことを自由にやれる環境と時間を手に入れることが出来ましたけど・・・つい6年程前はソーシャルゲームのデザイナーとして勤務していました。

 

工学系の大学卒業後にどうしてもイラストレーターという道を諦めきれず美術系の専門学校で美術を学び、数年間バイトをしつつフリーのイラストレーターとして活動。

その後ソーシャルゲームのイラストレーターとして就職することが出来たものの、その会社は就職してから約1年ほどで倒産してしまいましてΣ

そして次に入った会社でソーシャルゲームのデザイナーとして採用されたものの、その会社ブラック企業といっても差し支えない職場だったんですよ。

 

最初の1週間は定時で帰宅できていたものの、次第に割り振られる仕事が多くなって気づいたらほとんど毎日終電間近に帰宅する毎日にΣ

当時の仕事のスケジュールや休みの頻度など思い出して整理してみましたが・・・

 

 

人によってはブラックじゃないって言うかもしれませんが、環境的に十分ブラックだったと思います;

当時は世間知らずだったこともあり「クリエイティブな仕事をやらせてもらえるんだから、給料低めでも仕方ない・・」とか考えてましたが・・・

今の自分が当時の自分に伝えるなら「自分自身のスキルそんな安売りするんじゃない!!!」そう檄を飛ばしますね。。

 

ソシャゲのデザイナーということでクリエイティブな仕事が出来ている分マシなのかもしれない・・そう思いこむようにしていましたけど、クリエイティブ系のブラック企業ってそういった

 

「デザイナーの向上心を食い物にする」

「好きな事でお金稼いでいるんだから文句言えないよな」

 

そういった空気を巧みに作り上げているんですよね。

 

組織の中で働いているとなかなか気付けないものですけど、連日の激務は確実の僕の体調と精神を蝕んでいきました。。。

毎日パソコンでデザインの作業をし続けないといけないので、常に目の奥に鈍痛が走ったり頭痛に悩まされる毎日でしたし、そんな状態でも仕事を持ち帰って処理していかないと間に合わなかったので、休みの日も仕事をしている状態に。

 

加えて自分では頑張っていたつもりだったんですけど、先輩からデザイナーとして役立たず認定されて悔し涙を流すことも。。

 

そんな日々を毎日のように送り続けていった結果、会社に行こうとすると胸の奥がキリキリ痛むようになってとうとう過呼吸の症状が出る始末。

これはおかしいと思って精神科に行ってみたらものの見事に「うつ病」認定されてしまいまして・・・

結局やりがい搾取によって会社に酷使されまくった僕は体と心を壊してうつ病で退職することになったのでした。

 

それでね、そこで気づいたんですよ。

 

今の日本社会において会社や組織は社員を消耗品程度にしか思っていないってこと、そしてそんな生き方では永遠に自由になれないってことをね。。

 

うつ病療養後にふとネットビジネスの存在を思い出す

退職して半年くらいは体と心の復調のためしばし療養生活を送っていたんですけど、貯金は減る一方でそろそろ働かないといけない状況に差し掛かっていました。

しかし今の日本社会とブラック企業への不信感から、会社に就職することだけは絶対避けたかった自分。

 

「会社に就職するくらいならマジで自殺する方法考える・・・」

 

うつ病を体験した自分の精神面は大分黒く染まってました(苦笑

 

それからしばらくはイラストレーターのスキルを活かしてヘッダーデザインやアイコン作成の仕事、ハンドメイド作品を売ったりして生計を立てていたものの思うように収益が上がらず・・・

そんな中ふと一時期ネットビジネスに取り組んでいた時期あったことを思い出します。

 

学生時代の頃だったんですけど、一時期情報商材アフィリエイトのような手法に取り組んでいた時期があったんですよね。

まあ全然稼げませんでしたけど(苦笑

そこで改めてアフィリエイトについて情報収集していき

 

・パソコンとインターネットの環境が整っていればどこでも作業出来る

・初期投資がせいぜい3万円程度で済む

・コツコツ作業を積み重ねていけば3ヶ月で10万円以上の収益を目指せる

・会社や組織に雇われず、自分のペースで仕事をする事ができる

 

就職する事に嫌悪感すら抱いていた当時の自分にとっては、まさに渡りに船といったビジネスモデル・・・!

そして僕はインターネットビジネスの中でも資金が少なくても始める事ができる「アフィリエイト」を実践していく事になったわけです。

 

しかし最初は失敗の連続でした・・・

当時僕が実践したアフィリエイト手法は「広告をクリックしてもらえれば収益が発生する」という手法。

最初は右も左も分からなかったので、ノウハウ(情報商材)を購入して毎日3記事を書き続けました。

 

そしてアフィリエイトを始めてから4ヶ月後・・・僕の口座に約24万円のお金が振り込まれたんです。
(グーグルアドセンスの規約により一部伏せています)

たった数ヶ月コツコツとアフィリエイトを実践していっただけで会社で働いていた時よりも高い金額を、しかも個人で稼ぐことができたという事実。

 

「これで会社に奴隷のようにこき使われず自由な毎日を送ることが出来る!ひゃっほうッ」

 

自分でも分かるくらいその時は浮かれていました。

 

しかし喜んだのもつかの間。

僕の元にグーグルからこんな悪魔の通知が届いたんですね。。。

僕が数ヶ月かけて作ったブログはGoogleから「価値のない質の低いコンテンツ」という評価を受けてしまい、誰の目にも留まらない場所へと追いやられ、アクセスが全くこない状態となってしまったんです。

アクセスがこなくなるということは広告をクリックしてくれる読者が記事に訪問してくれなくなるという事。

つまり、収益がほぼ「0」になるという事です。

 

しばらく呆然としていましたけど、気を取り直して改めて1日3記事をベースに記事を投稿し続けてそして数カ月後・・・月収13万円ほど稼げるように。

 

そしてそこから更に3つのブログを並行展開して収益を伸ばしていこうと目論んでいたんですけど、今度は稼げるようになったブログと開設して間もない3つのブログが同時に「価値のない質の低いコンテンツ」の評価を受けてしまいまして・・・

ぶっちゃけ1度の通知で一気に4つのブログ「価値のない質の低いコンテンツ」扱いされるとかね。。

アフィリエイト業界においてもなかなかレアなんじゃないでしょうか(そんな称号いらないけど

 

さすがにその夜は精神的ダメージが凄まじく「やはり個人で稼いでいくのは無謀なことなのか・・?」とさめざめ涙を流していました。

 

インターネットを活用している人ならGoogleは知っていると思いますけど、Googleは星の数ほどあるネット上のページを全て監視しているって知っていましたか?

Googleはその監視によってブログやサイトの質を常に見ているんですけど、僕が作ったブログはGoogleが望んだ質のレベルに達していなかったいなかったみたいなんですよね。。

 

どんなに自分なりに頑張って何時間、何日、何ヶ月と時間を費やしたとしてもGoogleが

 

「このブログはいらないなっ」

 

と判断したら一瞬にしてそのブログは誰の目にも留まらないところに追いやられてしまうわけですから、当然そこから稼いでいた収益も一瞬にして「0」です。

 

サラリーマンの感覚で言えば、問答無用で即刻クビになって明日からいきなり無職になる、といえばその怖さは伝わるでしょうか。

一瞬で今まで築き上げてきたものが「0」になるのって相当心臓に悪いですよ。2回目とか冗談抜きで丸一日ご飯食べられなかったですからね;;;

ただ、ここで大きく精神的ダメージを受けたことで「今のやり方のままじゃダメなんだ・・・」という事にようやく気づくことが出来た自分。

 

そこから4年近くかかってしまいましたけど、今やアフィリエイターとしてこれだけの金額を稼げるようになり、専業アフィリエイターとして活動し始めて合計「25,083,973円」近く稼いでいました・・!

アフィリエイターとして2回に渡り、合計5つのブログを誰の目にも留まらない場所に追いやられた僕がなぜアフィリエイターとして1つの成功を掴むことが出来たのか?

 

それはまさに

アフィリエイトで稼ぐための重要な条件

これに気づくことが出来たからに他ならないと考えます。

僕がアフィリエイトを実践していく中で気づく事が出来た稼ぐための条件、それは以下の3点。

 

1・検索する人の気持ちを考えて、求められている情報を提供する事

2・毎日コツコツ継続していく事

3・既に稼いでいる人に教えてもらう事

 

となります。

これら3点のポイントを抑えれば、アフィリエイトでサラリーマン以上の給料を稼ぐことは決して難しいことではありません。

では順番に解説していきましょう。

 

1・検索する人の気持ちを考えて、求められている情報を提供する事

まず1番目の項目ですけど、アフィリエイト初心者の人からすれば

「検索する人の気持ちって具体的に何?」

と考えるのは当然といえば当然ですかね。

 

これは結論から書いていきますけど

 

Googleは求められている情報を、きちんと読者に提供しているブログを好む傾向があります。

 

何か知りたいこと、悩み事の解決方法について知りたい時、Googleの検索エンジンを使って検索しますよね。

 

「今日の天気」

「オムレツ 失敗しない 作り方」

「バラの花 育て方」

「肌荒れ 治し方」

 

などなど毎日様々な知りたいことや悩み事を解消するために検索をかけていると思います。

 

しかし仮に「肌荒れ 治し方」と調べて、ページを開いたのに、そこに肌荒れの治し方についてあまり詳しく書かれていなかったり、肌荒れにおすすめのサプリはこちらです!とかいきなり書かれていたらすぐにページを閉じてしまうはずです。

 

すぐに閉じられてしまうページは、求められている情報をきちんと読者に提供していないといえるので、多くの人にすぐページを閉じられてしまうとそれだけGoogleに嫌われるブログとなっていきます。

 

つまり、僕がGoogleにブログを誰の目にも留まらない場所に追いやられたのは

 

「読者の知りたい情報をきちんと提供できていなかったから」

 

だったといえるんですね。

 

そのためきちんと

 

「検索する人の気持ちを考えて、求められている情報を提供していこう」

 

といった事を声を大にして伝えたいわけです。

まあとどのつまりは「読み手の気持ちを第一に考えて、発信していく情報と求められている情報を合致させる」といったイメージですね。

 

「読む人の気持ちを考えて、求められている情報を提供するなんて難しそう・・・」

 

そう感じるかもしれませんけど、やり方に慣れていけばそこまで難しいことではないですよ。

では、僕が実際にやっている読む人の気持ちを考えた情報発信の方法とは・・・

 

読む人の気持ちを考えて、求められている情報を提供していくとは?

では読む人の気持ちを考えて求められている情報を提供していくとはどういった事か解説していきましょう。

初心者の人がひとまず意識しておくべき点は

 

・タイトルとコンテンツの中身を合わせる

・読みやすい文章を書く

 

この2つだけになります。

ではもうちょっと具体的にその中身について見ていきましょうか。

 

タイトルとコンテンツの中身を合わせる

タイトルと記事コンテンツの中身を合わせる事は重要です。

その理由は以下の2点。

 

●タイトルを見てどの記事を読むのかを決めるから

●タイトルを見て、読者が欲しいと感じた情報を提供することで読み手の満足度が高まるから

 

そして、これこそがGoogleが求めている情報発信なんです。

 

まず僕たちがインターネットを使って検索をする理由ってなんだと思いますか?

何か目の前にある問題や疑問を解消したいから検索をかけるんじゃないでしょうか。

そこで検索する理由は人によって様々ですよね。

 

「こんな悩みを持っていて解決したいから」

「友達から聞いた情報が気になってより詳しく知りたくなったから」

「テレビに出ていた料理の作り方を知りたくなったから」

 

共通して言えることは、あくまで「疑問や悩みを解決するために検索エンジンを使っている」ということで、検索エンジンを使う事が目的ではないわけです。

 

そしていざ知りたいことがあって検索をかけた時、真っ先に目に入ってくるのは記事のタイトル。

そこにズラッと出てくるタイトルの中に今の自分の悩みや問題を解決してくれるものがあるか?パッと見てクリックすると思います。

 

ここで仮に「簡単に作れるクッキーの作り方について知りたい」といったユーザーがいたとして、その疑問を解決するために検索をかけたとしましょう。

そこで出てきたタイトルの中にクッキーの作り方が書かれていそうなタイトルがあったらクリックすると思います。

 

ここでユーザーがそのページの中身に期待する事は「クッキーの作り方についての手順」のはず。

しかし仮に実際開いてみて、クッキーの種類についてや人気のある市販クッキーの紹介!とかそんな内容になっていたらどうでしょう。

記事にアクセスした人は「簡単に作れるクッキーの作り方」について知りたかったのに、いざタイトルをクリックして欲しい情報がなかったとすればサッとそのページを閉じてしまうんじゃないでしょうか。

 

このように記事タイトルと記事の中身が食い違っていると読者から信頼が得られないですし、さっき書いたようにGoogleからも嫌われる要因になってしまいます。

 

だからこそタイトルとコンテンツの中身を合わせることはとても大切というわけですね。

 

タイトルとコンテンツの中身を合わせることの大切さはなんとなく分かってもらえたかと思います。

初心者の人が実践していく場合はひとまず「自分の興味のある事、好きなジャンル」が何なのか考えてそれに沿ったブログを作って記事を書いていけばいいんじゃないかなと。

 

自分が興味のある事、好きなジャンルなら記事を書いていくうえで書きやすく続けやすいですし、深く調べていく作業もつらくないはず。

その知識から読者にとって深く濃い情報を提供することもできます。

何より自分と同じようにそのジャンルに興味のある人がどういった情報を求めてそのジャンルのキーワードを検索したのかイメージしやすいので、求められている情報を提供しやすいんじゃないかと思います。

 

つまり、スムーズにタイトルとコンテンツの中身を合わせることが出来るというわけですね。

 

読みやすい文章を書く

読みやすい文章とはつまり「解りにくい文章にしない」という事ですね。

では「解りにくい文章」とはどういったものなのか、考えたことあるでしょうか?

これはすなわち「読んでいくことでストレスを感じてしまう文章」を指します。

 

読み進めていくことでだんだんストレスを感じさせてしまうと、その記事に対する満足度が下がってしまうので他の記事を読もうとする気がなくなりページを閉じてしまう。

他のページが開かれないということは、それだけ読み手の反応を得られていないという事になります。

そうなるとブログから収益を得る事も難しくなっていくので可能な限り「読み手にストレスを感じさせない文章」を心掛けていく必要があるといえるんですね。

 

でも「読み手にストレスを感じさせない文章」ってどう書けばいいんだろう・・と疑問に感じますよね。

ただここはそんなに難しく考える必要はありませんよ。たった3つのポイントについて意識すれば読みやすい文章を書いていく事は簡単です。

 

その3つのポイントとは

 

・結論から述べる

・句読点は正しく使う

・難しい言葉は使わないようにする

 

です。

なんだか小学校の国語の授業みたいなノリですけど、意外とこの3つのポイントを意識していない人は多かったりします。

では3つのポイントについても順番に例を出して解説していきましょうか。

 

1・結論から述べる

言いたいことの結論を文章の書き出し部分に置くと、文章全体が引き締まって一気に分かりやすくなり読み手の興味を引くことにも繋がります。

例えばこちらの文章。

 

「私は甥っ子に喜んでもらいたくて分厚くてふわふわなホットケーキを作りました。」

 

文章自体はそんなに読みにくくもないし、別にこのままでも問題ないといえますがこれを結論から述べてみると

 

「私は作りました。甥っ子に喜んでもらいたくて、分厚くてふわふわなホットケーキを。」

 

こうなります。

 

「私は作りました。」という文章を頭に持ってくることで「何を?どうして?」といった疑問が浮かんでこなかったでしょうか。

疑問が浮かんだということは文章の先が気になったという事で、それは読み手を飽きさせない事にも繋がります。

 

読み手を飽きさせる事なくその文章を読ませきれば、読んでいる人は次の文章が気になってくるのでどんどんその記事を読み進めてくれる可能性が高くなるという事ですね。

そのため結論から述べるというテクニックは結構使えると思います。

 

2・句読点は正しく使う

句読点とは句点の「。」と読点「、」の事ですね。

まさしく国語の授業みたいなノリになってきていますけど、意外とこの句読点を意識しながら文章を書いていない人っていると思います。

読んでいる人が文章を読み進めていく中で、その文章にいちいち疑問を感じていくとそれだけでストレスを感じながら読んでいく事になります。

そのため句読点の位置を意識していく事は結構重要なんですね。

 

例えばこんな一文があったとしましょう。

 

「母は楽しそうに外で遊んでいる息子に声をかける。」

 

この文章だと「楽しそうに」しているのが母なのか息子なのかよく分からないですよね。

 

読んでいる人はそこで疑問を抱いて自分なりに解釈してそのまま読み進めていってしまう事に。

そうなるとこちらが伝えたい意図と、読み手の解釈にすれ違いが出てきてしまうので文章の反応率を下げてしまう事になるんですね。

このような疑問、すれ違いを取り除くのに役立ってくれるのが「読点」の存在。

 

楽しそうにしているのが息子だったら

「母は、楽しそうに外で遊んでいる息子に声をかける。」となりますし

楽しそうにしているのが母親なら

「母は楽しそうに、外で遊んでいる息子に声をかける。」となるわけです。

 

句読点の位置が変わるだけでその文章で伝えたいことが読者に伝わらなかったりするので、句読点正しく使うことを心掛けていきたいですね。

 

3・難しい言葉は使わないようにする

読み手にストレスを与えない文章の要素としては

 

・小学生、中学生でも分かるような文章

・専門の分野について書く場合、その分野の初心者にも伝わる言葉

・日常会話で普通に使う言葉

 

などが挙げられます。つまり「難しい言葉は使わないようにする」ことです。

 

例えば

「隴西の李徴は博學才穎、天寶の末年、若くして名を虎榜に連ね、ついで江南尉に補せられたが、性狷介、自ら恃む所頗る厚く、賎吏に甘んずるを潔しとしなかった。」

(中島敦「山月記」冒頭)

もう最初の一文目にしただけで「ふぁっ!?」と声を挙げそうなほど難解です。

多分自分だったら5分と持たず頭パンクします(苦笑

 

あとこれは難しいというより意味が伝わらないに分類されると思いますけど

パルスのファルシのルシがパージでコクーン

(元ネタ『ファイナルファンタジーⅩⅢ』)

ファイナルファンタジーⅩⅢが出てきた当時は結構話題になっていたと思います。

 

これ目にして文章の意味が理解できましたか?

 

ゲームをプレイした人なら内容を理解してイメージする事ができると思いますけど、ゲームをプレイした事ない人からすれば専門用語のオンパレードで何を言いたいのかさっぱりです。

とどのつまり、難しすぎる言葉や意味の伝わらない専門用語などを詰め込んでしまうと、それだけで読んでいる人はストレスを感じてしまうというわけですね。

 

なので文章を書く時は出来る限り難しい言葉を使わず、使う必要が出てきたとしてもちゃんと細く説明をつけてあげるなどして、読んでいる人がストレスを感じないよう気を配っていくといいでしょう。

 

 

はい、だいたい以上の流れが「検索する人の気持ちを考えて、求められている情報を提供する事」の流れになります。

 

どうでしょう、求められている情報を提供していけそうですか?

 

最初は慣れていないとちょっと難しい部分もあるかもしれませんが、要は全て慣れ、自転車の運転と同じようなものです。

自転車って乗れるようになるまでが大変ですけど、一度乗れるようになれば運転のやり方って忘れませんよね。あれと似たようなものですよ。

 

求められている情報を提供していくスキルを身につける事ができれば、アフィリエイトで成功する可能性がグンと上がります。

会社に奴隷のようにこき使われて使い捨てられて惨めな思いをする事もなくなると考えれば、身につけて損はないスキルといえます。

 

2・毎日コツコツ継続していく事

アフィリエイトで稼ぐために必要な条件の2つ目。

 

「毎日コツコツ継続すること」ですけど、アフィリエイトを実践し始める人たちはこの「継続していく事」がとにかく苦手とされています。

論より証拠、まずはこちらの画像を御覧ください。

 

 

始めてから1年未満の人が37.4%と最も多く、1年以上~2年未満から一気に半分以上数値が下がり、2年目、3年目と減少。

しかし5年~10年未満になると14.7%まで増えているのが不思議ですよね。

 

このグラフから分かる事はアフィリエイトを始めてから半数以上は、1年未満で脱落していっているという事です。

 

そしてこちらはアフィリエイトでの1ヶ月の収入を示したグラフになります。

2018年は収入がない人の割合が1.0%増えて「23.3%」

1万円未満しか稼ぐことが出来ていない人の割合が合わせて「52.8%」となっています。

 

ただ、100万円以上稼ぐことが出来ている人の割合が
2018年は2017年に比べて1.3%増えて「9.9%」となっています。

 

これらの数値が意味するところは「ずっと継続している人ほど稼いでいる」という事にならないでしょうか。

 

さっきアフィリエイトを始めてから半数以上は1年未満で脱落していっていると書きましたけど、グラフが示す通りとにかく続ける事が出来ずに挫折していく人が後を絶ちません。

 

なぜかといえば、大半のアフィリエイトを始めようとする人たちは以下のような考えを持っているからです。

 

「アフィリエイトって楽して稼ぐことができるんでしょ?」

「初期費用も少なく簡単に稼げるって聞いた」

「1クリックで数十万円すぐに稼げるって本当?」

「他のサイトをコピペして広告貼れば稼げるんでしょ?」

 

軽い!!!

 

まるで吐息でフッと吹いただけで一瞬で飛んでいってしまう紙切れのように薄く軽い考え。

こういった考えの元取り組んで、稼いでいけるほどアフィリエイトは甘くないんですよね;;

 

アフィリエイトはとにもかくにも地味で孤独でなかなかキツイ作業です。

 

検索している人の心理を考えて、求められている情報がなんなのか考えて、そこからGoogleに気に入られる記事を書いていく事をひたすらに繰り返していきます。

 

特にアフィリエイトに取り組み始めた最初の時期って全くアクセス集まりませんし、収益がほぼ0の状態で無給で作業をしていかないとならないですし、ずっと1人で取り組んでいると話し相手もいないですから孤独感から寂しさのあまり発狂しそうになることも。

 

それに耐えられなくなって辞めてしまう人が出るのは・・まあ至極当然な流れかなと。

 

それでも、せっかくアフィリエイトという無限の可能性に満ちたビジネスに足を踏み入れたのに、稼ぐ経験も積まないまま諦めてしまうのは非常にもったいない事だといえます。

 

正しい方向で正しいステップを踏んで作業を継続していけば、稼ぐ事自体は決して難しいことではないのですから。

ここまで読んでくれたあなたなら、アフィリエイトはとにかく地味でキツイ作業ではあるけど、正しい方向で継続していくことが出来れば稼ぐ事はできるものと理解してくれたはずです。

 

では、さきほどのグラフが示す通りアフィリエイトを始めて半数以上が1年未満で脱落して挫折していく中、どうして自分は作業をずっと継続し続けることが出来たのか?

 

アフィリエイトで稼げるようになった今になって分析していくと・・・アフィリエイトをやり始めた頃は貯金も残り数十万円程度だったこと、

今の日本社会で組織に属して働くことへの不信感から就職するのだけは絶対嫌だったので稼ぐことが出来れば「本当に後がない」状況だったこともあったと思いますが・・・

 

それよりも作業のモチベーションとなっていたのは、自分の体と心を壊してうつ病に追い込んだ

 

「会社に対しての深い怒りの感情」

「現在の日本社会に対する強い反骨精神」

 

この2つがかなり作業を継続していく上での原動力となっていたと思いますね。

記事を書くのが辛くきついと感じたとしても会社の中で役立たず扱いされた事への悔しさや、会社に対しての怒りの感情をバネにして、ただただ「成功して見返してやる・・・」そのことだけを考えて作業に打ち込んでいました。

アフィリエイトを始めた当時の僕の雰囲気について友達に聞いてみたところ

 

「正直言って雰囲気と目つきがやばかった」

 

と言われるくらい怒りの感情を表に出していたみたいですね。。(まったく自覚ありませんでしたけど;

 

こう書いていくと「怒りの感情に支配されたただのヤバイ人」って印象になってしまうんですけど、怒りの感情って一見するとネガティブに見えますけど、実のところ怒りのエネルギーを原動力にして様々な偉業を成し遂げた人ってたくさんいるんですよ。

その一例として青色発光ダイオード(LED)の開発で、2014年にノーベル物理学賞を受賞した「中村修二教授」

 

彼は会見の席で研究の原動力について

「アンガー(怒り)だ。今も時々怒り、それがやる気になっている」

「怒りがすべてのモチベーションだった。怒りがなければ何も成し遂げられなかった」

そう力を込めて語ったといいます。

 

更に「怒りを前向きなパワーに転換してきた」ことを強調し

偉い人たちに『お前はカネの無駄遣いをしやがって!』と、けちょんけちょんに言われ頭にきて、『青色発光ダイオードをやらせてくれ』と言って、OKが出ておカネをもらえた。

怒りを原動力にしたら青色発光ダイオードができた……(中略)……私は四国から出たことがない。高校まで愛媛で大学は徳島大学。卒業したら徳島の田舎の企業に就職し、今カリフォルニアに来ている。

好きなことを選んで情熱を持って仕事をすればノーベル賞をももらえる。私をいい例にすればいいと思います。学歴とか関係なく、本人のやる気がいちばんだと思います。

こういったことも述べたとか。

 

怒りの感情は溜め込みすぎることで成長していき「恨み」「憎しみ」といったより強い感情へと成長し歪んだ形として出てきてしまうこともあります。

しかし、それは怒りの感情に飲まれて自分でコントロール出来なかった場合の話。

 

怒りのエネルギーの矛先を特定の個人や集団ではなく自分の目標達成のための活動にぶち当てていけば、破壊的、破滅的な方向に向かうことなく莫大ともいえる怒りのエネルギーを有効的に使えるんですね。

 

当時の僕はアフィリエイトでまとまった成果を出せるようになるまで

 

「怒りでも憎しみでも何でも良い、それらの感情全部原動力にして会社に属してなくても、個人の力で何が何でも稼げるようになってやる!!」

 

と、こんな具合に怒りのエネルギーを原動力として、ただただ会社を見返すため、個人でも稼げるということを証明するためにただがむしゃらに作業を続けていたわけです。

ここまでくれば怒りの感情はただのネガティブな感情ではなく、うまく活用すれば目標達成のためのやるきや原動力になるということが分かってもらえたんじゃないでしょうか。

 

とはいえ、怒りの感情はあくまで作業を継続するうえでのエネルギー源のようなもので具体的な作業方針というわけではありません。

ですから作業のモチベーションとは別に作業継続のために意識していた以下3つのポイントについても解説していきますね。

 

・大きな目標より小さな目標を毎日達成する

・翌日の作業内容を前日のうちに決めておく

・アフィリエイトの優先順位を高くする

 

では順番に見ていきましょう。

 

大きな目標より小さな目標を毎日達成する

アフィリエイトを実践し始めた時にありがちなのが「月収100万円目指す!」といった具合にいきなり大きな目標を掲げるという点です。

 

ただ、この目標だと達成するための目標があまりに遠すぎておそらく達成する前に挫折しますΣ

 

月収100万円を到達するといっても具体的な方法は?何をすれば到達できるのか、どんな商材を買えばいいのか。まず何からしていけばいいのか?おそらく何1つ分からない状態だと思います。

その状態からまず何をすればいいのかといえば

 

「まず情報を集める」

 

です。

アフィリエイトに関する情報を集めていって、まず初心者が取り組めそうなアフィリエイトの手法について調べていく。

そして調べていくうちにアフィリエイトで月収100万円に到達するのは難しそうと気づくので、まずは月収10万円を目指しそのための情報収集を行う。

 

そうするとまず自分が何の作業をしていくべきなのか徐々に分かってくるんですね。

 

ブログにたくさんアクセスを集めるためには、ブログにGoogleに好まれる記事をたくさん投稿する必要がある。

だいたい300記事位でブログが強くなって、たくさんアクセスを集めることが出来るようだと知った場合

 

「3ヶ月で300記事、ブログに投稿していく」という目標を立てたら

 

「1日3記事書けば1ヶ月で90記事、3ヶ月で270記事になる。足りない30記事分は土日に振り分けて一気に書き上げてしまおう」

 

といった具合に「1日3記事書く」という小さな目標を毎日達成する事を目標とするわけです。

 

1日に行うべき作業を明確にするだけで自分が何をすればいいのか分かってくるので、挫折しにくくなってくるといえます。

 

翌日の作業内容を前日のうちに決めておく

作業時間を「純粋な作業時間として確保する」ことは非常に重要です。

これは余計な思考を追い出し、その作業に没頭する時間を作る為でもあります。

 

具体的な方法としては僕は前日のうちに「次の日の作業内容」を予め100均のメモ帳に書き出して決めてしまうという事ですね。

書き出す作業内容は別に他の人に見られるわけでもないのできれいに書かなくても大丈夫です(苦笑

作業内容を予め決めておけば「次は何をしようか」といった余計な思考が生まれないので「純粋な作業時間」を確保することに繋がります。

 

アフィリエイトの優先順位を高くする

まず「優先順位とは何か?」という点についてですけど

 

「取りかかるべき物事が複数ある場合、取りかかる順番を決めること。」

 

を意味します。

 

1日に取り組んでいくべき物事や作業って色々ありますよね。

仕事、職場への移動時間、食事、睡眠、お風呂、友達との付き合い、趣味にかける時間などなど

その中にアフィリエイトの時間を入れた時、アフィリエイトの優先順位を高い位置に持っていきます。

 

仕事をしながらアフィリエイトに打ち込む場合は2番目くらいの優先順位とし、本業で取り組んでいる場合は1番目に優先順位を持っていきます。

そしてそこから他の項目にかけていた時間をなるべく削る事を意識していくと良いです。

 

睡眠を削りすぎるとかえって作業効率が落ちそうなのでそこあまり削らない方がいいと思いますが、友達との付き合いや趣味にかける時間などを削ってしまえばまるまるアフィリエイトの作業時間にあてることができますよね。

 

一例として1日の生活サイクルが

 

睡眠時間・・・6時間

朝食、家事・・・1時間

通勤(出勤)・・・1時間

仕事・・・8時間

通勤(退社)・・・1時間

夕飯・・・30分

お風呂・・・30分

趣味の時間・・・2時間

アフィリエイトの作業・・・4時間

 

こうなっている人がいたとして、ここからアフィリエイトの優先順位を引き上げて睡眠時間やお風呂の時間、趣味の時間などを削っていくと・・

 

睡眠時間・・・5時間(-1時間)

朝食、家事・・・50分(-10分)

通勤(出勤)・・・1時間

仕事・・・8時間

通勤(退社)・・・1時間

夕飯・・・20分(-10分)

お風呂・・・20分(-10分)

趣味の時間・・・0分(-2時間)

アフィリエイトの作業・・・7.5時間(+3時間30分)

 

こんな感じになったとしましょう。

諸々削っていった結果アフィリエイトの作業時間を3時間30分増やすことができました。

睡眠時間はあまり削らない方がいいと思いますが、夕飯やお風呂にかかる時間をちょっとずつ削ったり、趣味に当てていた時間をまるっと作業時間に当てればそれだけアフィリエイトにかけられる時間が増えます。

 

仕事と通勤の時間は変化がないので、それ以外の項目の時間の違いをグラフで示してみると以下のようになりました。

結構違い出ると思いませんか?

特に趣味に当てていた時間をごっそり削るだけでも作業時間が一気に増えるので、作業の時間を確保できていないといった人はアフィリエイトの優先順位を1番にする事を意識していくといいんじゃないでしょうか。

 

 

たとえ作業をやれない日や少ししか作業できない日があったり、記事の内容が完璧でなくても諦めず1つ1つ積み重ねれば確実に1歩前に進んでいくことができます。

完璧を求めて作業が進まないよりは、不完全ながらも作業を積み重ねて継続していくべきだと僕は考えますね。

 

結局のところ「どんなに絶望しても継続し続ければ勝ちである」

これはアフィリエイトで稼ぎ続けてきた僕が軸とする1つの自論となります。

 

「検索する人の気持ちを考えて、求められている情報を提供する事」

「毎日コツコツ継続していく事」

 

以上の2つのポイントを意識して取り組んでいけば、アフィリエイトで大きな成果を出して、会社に縛られる事のない自由な日々を送りつつ収入を得ていく事も夢ではなくなってきます。

 

ここまでアフィリエイトで稼いでいくために必要なたった2つの要素についてお伝えしました。

これら2つはRPGゲームで例えると「武器とレベル上げ」に当たると考えていいです。

ただこれだけだとプレイヤーは武器を装備してレベル上げしていくだけで、まずどこに進んでいったらゲームクリアできるのかさっぱり分からん!な状態ですよね。

 

ゲームクリアするために更に何が必要になってくるのかといえば・・・「次にどこに行ったらいいのか?という情報と地図」なんじゃないでしょうか。

そしてそれをアフィリエイトに置き換えていくと

 

正しい方向を向いて、正しい努力を重ねていったか?という部分になります。

 

いくらアフィリエイトで稼ぐための条件が分かったとしても、具体的な方法と作業の方向性が分からないまま闇雲に作業するのはあまりに無策すぎるといえます。

 

そのため初心者がアフィリエイトでちゃんと成果を出すため意識していきたいのが、

3つ目の条件の「既に稼いでいる人に教えてもらう事」となります。

 

3・既に稼いでいる人に教えてもらう事

怒りの感情をエネルギー源として作業を続け、ある程度まとまった金額を稼げるようになった頃。
(月収で70万近く突破したあたり)

アフィリエイトに取り組み始めて約3年9ヶ月が経過しようとしていました。

 

この頃はクリック型広告を取り入れたブログを複数運営して収益を得ていたんですけど、さすがに1人でずっと作業し続けることに疲れてきていたことと、新しいアフィリエイト手法に取り組もうと考えていた頃でしたね。

新しいアフィリエイト手法とは、企業や会社が売り出している商品を欲しいと思っているユーザーに紹介して販売していく「成約型広告」を取り入れたの手法のこと。

商品を売っていく文章スキルが必要となってくるので「クリック型広告」より難易度がアップします。

 

新しいアフィリエイト手法に取り組もうと情報を漁っていたところ、その道で成功しているとある主婦アフィリエイターさんがコンサルをしている事を知り早速指導をお願いすることに。

そしてクリック型広告のアフィリエイト手法とやり方が異なることを知り、数カ月後には成約型広告のアフィリエイトでも以下のように結果を残すことが出来るようになりました。

 

 

アフィリエイトで1万未満しか稼ぐことが出来ない人の割合が52.8%であることを考えれば、まずまずの成果なんじゃないかと思います。

 

ここで改めて学んだことは新しいアフィリエイト手法に取り組むなら、その道で既に成功している人に教えてもらうということ。

そしてアフィリエイトで最短で成果を出していきたいと考えるなら、以下の4ステップを踏んで既に稼いでいる人に教えてもらう環境を作ることが重要となってきます。

 

・自分が取り組もうとしている手法で既に成功しているアフィリエイターに連絡する

・そのアフィリエイターにコンサルティングを依頼して、どう記事を書いていけばいいか、記事のタイトルを決めていけばいいかなどを徹底的に教わる

・結果を出している人のやり方を真似る

・自分のブログでアウトプットと添削を繰り返して、感覚を掴んでいく

 

情報商材にアフィリエイトのやり方、手順について書かれていたとしても自分が行っている作業が全体のどの位置なのか?案外把握できないものなんですよね。

 

そこで頼りになってくるのが、自分が取り組んでいる分野で既に成果を出しているアフィリエイターの存在。

 

自分の取り組んでいる分野で成果を出しているんですから、作業をどのように進めていけばいいのか理解しているはずですし、その人に連絡して教わりながらやり方を真似しながら吸収していった方が遥かに効率的です。

 

加えて添削を受ける事もできれば、自分のやり方のどこが間違っていたのか理解できるので、実践を交えつつ正しい方法を自分の中に落とし込んで感覚を掴むことができます。

 

あ、ちなみに真似するといっても記事の内容を丸パクリするとかではありませんよ。作業を行う視点や効率の良い進め方、記事の書き方などを参考にしていくわけです。

 

 

さて、ここまで読んできたあなたは「じゃあどんなアフィリエイターに連絡をとればいいの?」と思うかもしれませんね。

どんなアフィリエイターに連絡すればいいのか選定基準は人それぞれ違うと思いますが、自分の中の3つの基準について書いておきますと

 

・ブログの記事のクオリティが高い

・実際にお問い合わせして、返信にどれくらいかかるかチェックする

・その人の考えに共感できるか

 

これら3つのポイントを重点に置いて考えるといいですね。

 

ブログの記事が全体的にクオリティが高く、そこで新しい視点や気付きを得ることが出来れば

「あ、この記事書いた人ってなんだかすごそう」

と感じると思います。

ブログの記事のクオリティが高い人は、だいたいアフィリエイトの専門分野で成果を出している人が多いですから。

 

あと僕が1番重要視しているポイントは「実際にお問い合わせして、返信にどれくらいかかるか」という部分です。

ブログの記事のクオリティが高かったりその人の考えに共感できたとしても、返信に何日もかかったりろくに連絡がつかないのでは信用度が下がる印象ですね。

すぐ返信してもらえると自分の悩みや分からない事に寄り添ってもらえているんだ、という印象が強まるのでそこから一気にそのアフィリエイターへの信頼度が高まります。

 

これは日常生活においても思い当たる節あるんじゃないでしょうか?

仕事のやり取りでも返信を早く行えばそれだけ相手の信頼を得られますし、仕事の効率だって良くなりますからね。

ですから、成果を出しているアフィリエイターさんから指導を受けたいといった場合は何人かピックアップしてみてお問い合わせにかかった時間を基準にしてみるというのも1つの考えなんじゃないかと思います。

 

稼ぐために根本的に何が必要なのか分かってきた現在はとあるコミュニティに入っています。

アフィリエイトに取り組んでいく上での新しい知識を取り入れたり、僕と同じようにネットビジネスで稼ぎたいという目標を持つ仲間や師匠がいる環境は、作業モチベーションを維持するうえでとても役立っているといえますね。

 

ここまで僕がどのようにしてアフィリエイトで収益を得てきたのか。

僕の経験やストーリーを交えて話してきましたけどどうしでしたか?

 

アフィリエイトに取り組み始めた当初は、僕をうつ病に追い込んだ会社や今の日本社会に対しての怒りの感情や反骨精神を原動力に、ただがむしゃらに稼げるようになるため必死でした。

今でも作業していくのがキツく感じてきたら当時のことを思い出して「負けてたまるか!」と自分を奮い立たせて作業をしていく原動力にすることがあります。

 

ただ、今は怒りの感情よりは・・・

 

正しいやり方と知識をもって実践を積み重ねていけば、パソコン1台とネット環境で今のおかしくなった日本社会、組織から逃れて縛られることなく自由になれる。

かつて自分が経験してきたように、同じような境遇にある人達にそういった未来への道もあるんだよ、ということを、情報発信者として広めて同じ価値観を持つ人を増やしていきたい。

 

そういった気持ちを持って情報発信していけたらと考えています。

 

アフィリエイトで成果を出すためのまとめ

さて、かなり長い文章だったと思いますがここまで読んでくださりありがとうございました。

大分長くなってしまったので、まず今回の話の概要をまとめておきましょうか。

 

ネットビジネス、アフィリエイトで稼ぐことは決して不可能なことじゃないけど、いい加減な情報発信をしてしまうとGoogleから価値のないコンテンツの評価を受けて途端に稼げなくなってしまうので、以下の3つの条件を意識していくことが大切ということ。

 

・検索する人の気持ちを考えて、求められている情報を提供する事

・毎日コツコツ継続していく事

・既に稼いでいる人に教えてもらう事

 

「検索する人の気持ちを考えて、求められている情報を提供することが必要」

その理由は、Googleは求められている情報を、しっかり読者に提供しているブログを好む傾向にあるから。

 

検索した単語と記事の内容が合っていないと読者はすぐにそのページを閉じてしまうので、そういったページが多くなるとGoogleから嫌われて稼ぐことが難しくなってしまいます。

 

「毎日コツコツ継続していく事が必要」

継続が大切になってくる理由はもうお分かりだと思いますけど念の為・・

 

1日1日記事を積み重ねてブログの強さを高めていくことでたくさんの読者をブログに集めることが出来るようになり、

そこから収益を得ることが可能となってきます。

 

作業を継続していくためのモチベーションは人によって異なるかもしれませんが、僕の場合は「会社に対しての深い怒りの感情」「現在の日本社会に対する反骨精神」でした。

もしくはアフィリエイトで稼いでどういった事を達成したいのか?

自分の目標や夢を具体的に書き出して常に自分の目に入るところに貼っておくというのも、モチベーション維持に効果的だと思います。

 

そして僕が継続していく際に意識したのは以下の3つ。

 

・大きな目標より小さな目標を毎日達成する

・翌日の作業内容を前日のうちに決めておく

・アフィリエイトの優先順位を1番にする

 

「既に稼いでいる人に教えてもらう事」

そして、アフィリエイトで実際に稼いでいくためには、正しい方向で正しい努力を積み重ねていくことを忘れないようにしたいです。

そのためには既にその道で成功している人に教えてもらう環境を作ること、以下の4つのポイントを意識していくことが重要。

 

・自分が取り組もうとしている手法で既に成功しているアフィリエイターに連絡する

・そのアフィリエイターにコンサルティングを依頼して、どう記事を書いていけばいいか、記事のタイトルを決めていけばいいかなどを徹底的に教わる

・結果を出している人のやり方を真似る

・自分のブログでアウトプットと添削を繰り返して、感覚を掴んでいく

 

自分が取り組んでいる手法で成果を上げている人から学んで、やり方を真似ていった方が遥かに効率的に成長していくことが出来ますし、間違った方向で努力を重ねる危険性がなくなります。

 

僕は最初の段階でGoogleから合計5つのブログを誰の目にも留まらない場所に追放されてしまいましたけど、その間に約1年という時間を無駄にしてしまいました。

そこから気付きを得て今こうして会社に縛られる事のない生活を送っていますが、今でも最初から誰かに相談しておけば良かったと後悔する時がありますね。。

あなたには自分みたいに間違った方向で努力を重ねる事はしてほしくないです。

 

そしてここまで読んでくれたあなたには「なるほど、なかなか為になるプロフィール記事だった」

そういった感想を抱いて終わりにして欲しくないと考えます。

 

いくら役に立つ情報、為になる知識を取り入れていったとしても実践して行動を起こさないことには何も始まりませんからね。

それはここまでこのページを読んでくれたあなたなら十分分かってくれていることなんじゃないでしょうか。

 

まあ、いきなり「それじゃあアフィリエイトを実践のためにブログ開設していきましょう!」と勧めるのはいきなりすぎるでしょうから

 

・まずは僕のブログに書かれている記事を色々読んで情報収集していく

・僕に何でもいいので問い合わせフォームから質問してみる

・僕のメルマガに登録してプレゼントを受け取る

 

ここから実践してみてはどうでしょうか。

 

今回のプロフィール記事を見た感想や、アフィリエイトで疑問に思うこと、分からないことなど何でも構いません。

大切なことは「自分から行動を起こすということ」それをするだけでも行動しない人より1歩先を進むということになります。

 

その1歩1歩の積み重ねが、将来あなたが個人でも大きく稼いで自由になるための第一歩になるかもしれません。

 

ですから是非以下の問い合わせフォームやメルマガ登録のページから、お問い合わせやメルマガへ登録などしてみてくださいね。

ではでは、あなたとの縁が繋がることをお待ちしています^^

 

「問い合わせフォーム」

下記の問い合わせフォームから
必要事項を記入の上送信してください。

 

「メルマガ登録はこちらをクリック